• 2018.6.30

早漏治療薬ポゼットはジェネリック医薬品です

ポゼットの薬

「ダポキセチン」という有効成分を配合している「プリリジー」という世界で最初の飲む早漏治療薬がありますが、ポゼットはそのジェネリック医薬品です。
男性の早漏を改善することができる医薬品で従来は男性器の感度などの鈍らせるという方法で早漏が対策されていましたが、ポゼットは別の作用によって早漏を治療することができます。
ポゼットには100%「ダポキセチン」という有効成分が使われていて、脳内にあるセロトニンに作用することによって興奮や射精反応などを鎮めることから早漏を防止することが可能です。
もともとSSRIという抗うつ薬に「ダポキセチン」という有効成分が使用されていて、その成分に早漏を改善する効果があるということが分かり正式に早漏防止薬として作られた歴史があります。

早漏で悩んでいる人は日本には大勢います。
日本人は早漏である傾向が高く、遺伝子的に早漏傾向があるとも言われているそうです。
早漏の原因はさまざまですが一般的には脳内にあるセロトニン量が少なかったり、ノルアドレナリンが非常に活発になりやすいことで起こると言われています。
ダポキセチン効果はそのようなパターンの早漏を予防することが可能です。

最大の目的として男性が性交渉においてパートナーを満足させることができ、男性自身が自分に自信を持つことができるということがあげられます。
ポゼット1錠を性行為1時間~3時間ぐいら前までに服用し、水やぬるま湯などと一緒に飲みます。
極量は90mgまでになっていて、30mgや60mgを何度か試してみて効果が薄いようなら量を増やしていくと良いでしょう。
24時間以内に極量を服用しないなら、飲むタイミングなどもずらして服用することが可能です。
有効成分の吸収を助けるため多めの水と一緒に飲むと良く、その日の体調や個人差はありますが比較的早く効果を実感することができます。
ジェネリック医薬品なので購入しやすく、世界中で人気のある治療薬です。

ジェネリック医薬品なのでコスパがとても良い

ポゼットは脳内セロトニン濃度をアップすることによって、過剰に興奮している脳を鎮めることができ射精するまでの時間を長めにすることができる早漏防止薬です。
2004年にリリースされたプリリジーのジェネリック医薬品として有名で、ダポキセチンが主成分になっています。
ポゼットにあるダポキセチンは脳の快感伝達物質であるセロトニン作用を抑えることができ、局所から性的興奮などを鎮めることで射精時間を延長する働きがあります。
男性器の勃起~射精までの過程を管理する交感神経や副交感神経などの働きも抑制することで、早漏を予防することが可能です。

有効成分であるダポキセチンは早漏治療薬として主にヨーロッパで正式に認可を受けているので、安心・安全に利用することができるでしょう。
ポゼットはジェネリック医薬品になっていて、ジェネリックは効き目や安全性・品質などにおいて先発医薬品と同じです。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ効果や効き目があるのにより安い金額で購入することができます。
先発医薬品の特許が切れてから発売されるので、原則先発医薬品の約7割と決められています。

このジェネリック医薬品を上手に利用することで、コストを軽減することができリーズナブルな金額で購入することが可能です。
ジェネリック医薬品が特許の切れた先発医薬品を代用することによって、約1兆円の費用を削減する効果があるとも言われています。
ジェネリックの中には先発医薬品より錠剤が小さく飲みやすくなっていたり、苦味が改善されていて服用しやすくなっているなどのさまざまな工夫が行われています。
先発医薬品と同じ効果を得ながら飲みやすさが向上されたものもあるので、自分に合った医薬品を選ぶことが可能です。

ページ上部へ戻る