• 2018.9.12

局部麻酔軟膏ロックスゼリーは早漏改善が可能

ロックスゼリーキシロカインゼリーは早漏改善に効果があるクリーム剤で含まれている成分はリドカインです。
医療機関でも表面麻酔として用いられています。
入院や外来病院診療所を問わず使用頻度がかなり高い成分です。
医療行為ではどのように使われているのでしょうか。
内視鏡検査や気管内挿管などで使用されています。
そのため、安心できる材料であり、その名の通りゼリー状です。
表面的な麻酔として活躍するだけではなく、体内に何かチューブなどを入れなければいけない時の感覚がどうしても潤滑剤とも活躍します。

何よりも麻酔剤として早漏でお悩みの方の悩みを解消することができます。
なぜなら、射精時間を伸ばすことができるからです。
性行為の前に患部に使用したら触っても分からないぐらい感度が鈍った、早漏改善を成し遂げたと喜びの声が出ています。
神経を麻痺させて痛みを感じさせないようにさせますし外用薬なのでどの部位にも使用できます。
持続時間が長いので、色々な病院で広く一般的に使用されている成分なのです。

塗布した部分を麻痺させるので、早漏防止の治療薬としてしっかり効果を実感することができるでしょう。
男性器の感覚が過敏になり感じですが、リドカインによって少しだけ麻痺させることで勃起持続時間が長くなるという原理なのです。
塗布薬の作用の心配はほとんどありませんし、早漏防止効果は評判が上がっています。
使用の際は用法用量を守るように気をつけましょう。
必要最低限の量を使用するように注意しておけばあまり問題はないと言えないこともありません。
実際これを利用したことで「今まで悩んでいたことが馬鹿らしくなるほど心配が減りました」とか以下のようなロックスゼリーへの色々な口コミが集まっています。

男性器に直接塗ることで早漏改善を狙う

ロックスゼリーの使い方は一回10グラム未満の適量を男性器の敏感すぎると感じる場所にゆっくりと塗っていくことです。
皮膚表面の神経の麻痺が目的で執拗にあまり塗り込みすぎないように気をつけましょう。
人によってそれぞれ効果の出るスピードは変わりますが、一般的に言うと30分程度で効果が現れ始めます。
1日の最大使用量は20グラムですので、それ以上超えて使用しないように気をつけましょう。

成分が効き始めると時代に麻痺しているような感覚の鈍っていく感じがありますのでそれから水でしっかり流してしまっても良いでしょう。
あまりつけすぎると射精できなくなってしまう危険などもありますし、もちろん危険もあるので適量にしておきましょう。
また効果が出るのが遅い人がいたりもするので、効いていないと思ってたくさん塗ることなく、最初は少なめにしてゆっくりとそのまま置いておきましょう。
それから30分から1時間経っても何の麻痺感も起こらなかった場合だけ追加で塗るように気をつけましょう。

持続時間はだいたい1時間から2時間。
シャワーで洗い流してから性行為まで男性器にしっかり効果が持続することは間違いありません。
なぜシャワーで洗い流すかと言うと、それが相手の精液の方にも塗布することになり相手の性器も敏感でなくなってしまう可能性があるから。
性欲増進にも効果が高いと評判があります。
ベタつきもないのでぜひおすすめです。

しかし、気をつけたいのはリドカインは承認された医薬品ではなく国内の薬局屋では購入ができないということを気をつけたいです。
専門医の処方によって手に入れる必要がありますので、近所の病院へ行き症状を伝えロックスゼリーが必要であることを自分の男性器をよく見せて訴えるようにしします。
それでも病院へ行く時間ないという人は個人輸入の通販サイトを利用することもできなくはありません。
インターネットで輸入代行代行をしている業者がいくつかありますので、そちらをよく注意書きなどを読んで利用するようにしてください。
個人輸入の場合は自己責任となりますのでそれだけは注意しておきましょう。

ページ上部へ戻る