• 2018.8.18

勃起の持続性アップと早漏対策を狙うならタダポックス

タダポックスはED治療薬であるシアリスの主成分の「タダラフィル」と、早漏を防止する成分「ダポキセチン」を配合している男性のED&早漏症改善薬です。
勃起不全と早漏症は併発しがちな症状で、併発率は3人に1人と言われています。
ED患者において30%以上が早漏症も同時に悩んでいるそうです。

ED症状と早漏症を一緒に改善してくれるのがタダポックスです。
タダポックスの主成分であるタダラフィルとダポキセチンはED症状と早漏症を改善することができ、タダラフィルの場合ED症状の改善効果を36時間維持することができダポキセチンの場合射精時間を平均3倍延長することができます。
タダポックスによる早漏症の改善効果は非常に強力で、早漏ではない人が服用すると射精できなくなるケースもあるそうです。
服用する際は注意が必要できちんと説明書を確認することをおすすめします。

タダポックスはED治療薬として有名なシアリスのジェネリック医薬品になるので、安価に購入することが可能です。
タダポックスの服用方法として性行為1時間前ぐらいを目安にし、1回1錠服用するというルールになっています。
タダポックスの効果が発現する時間はその人の体調や体質などによって異なりますが、大体30分~3時間ぐらいとされています。

初めてタダポックスを利用する場合、1時間前を目安にして服用すると効果を確実に発揮することが可能です。
タダポックスは食事などの影響を受けにくいという特徴があり使い勝手が良い医薬品ですが、いくら食べても良いという訳ではありません。
可能な限り空腹状態に近い方が効果が出現するまでの時間が短いと言われています。
タダポックスを服用した後、薬剤が吸収された後ならば、普段通り食事を摂っても大丈夫です。
尚、アルコールが回りやすい状態になっているので、過度なアルコールの摂取には気を付ける必要があります。
タダポックスの1日の服用量は決められていて1回1錠までです。

シアリスの成分タダラフィルは最大36時間の持続性

シアリスは他のED治療薬とは少し違っていて、服用してから効果を最大限に発揮するまで3時間ぐらいの時間がかかる比較的遅効性の医薬品になります。
効果がすぐに現れる他のED治療薬に対して、ゆっくりと効果が現れ長く持続する遅効性の成分が含まれています。
この持続力は話題となっており、最大36時間という持続性を保有していて、海外では「ウィークエンドピル」とも呼ばれている脅威の効果を保持している治療薬です。
他のED治療薬と効果の発現時間が異なるということは、服用する男性が自分のライフスタイルに応じて選択することができるというメリットに繋がります。

シアリスの有効成分「タダラフィル」はED治療薬以外にも利用されていて、タダラフィルの適応としてさまざまな効果が認められています。
勃起不全(ED)はもちろん、肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症に伴う排尿障害などに利用することが可能です。
これらの症状に利用される医薬品として、シアリスなどの名前でリリースされています。
ED治療は基本的に自由診療扱いになるので、ED治療薬のシアリスは薬価が決まっていません。

クリニックにおいて自由に価格を設定することができるので、価格には差があるでしょう。
シアリスと同じタダラフィルを有効成分にする薬はいくつかありますが、服用する際の禁忌について一部異なるものがあるので注意が必要です。
使用する際その都度禁忌に関して確認することをおすすめします。
シアリスの有効成分であるタダラフィルにはPDE-5という酵素の作用を阻害する効果があり、これによって男性器の勃起を正常にサポートすることが可能です。
あまりに脂っこい食事や重い食事をするとその影響で効果が現れにくくなることがあるので、食べ過ぎには注意しなるべく空腹時に服用することをおすすめします。

ページ上部へ戻る